ベビー布団専門店 「蒸れないこと」がテーマのベビー布団。あかちゃんにとって心地良い睡眠環境を最優先に考えたベビー布団
オーガニックコットンは幸せの御裾分け


ベビー布団専門店よくねる送料

ベビー布団専門店よくねる よくあるお問い合わせ

ホームオーガニックコットンは幸せの御裾分け
 
生まれてくるわが子のために「究極のベビー布団」を作ろう!と、
本当に手前味噌な話で申し訳なのですが、このサイトの成り立ちです。


究極とは何か?
 

考えました。半年程。
その中で、当然オーガニックコットンがでてきました。

 
一応説明しておきますと、
オーガニックコットンとは、
3年以上農薬を使っていない畑で、農薬を使わずに育てられたコットンのことです。
 

もちろん、生地にする過程でも、
化学薬品などを使用しません。

 
そうやって出来上がった生地は、
とっても柔らかいのです。そして、丈夫なのです。
 

で、「究極のベビー布団」のどの部分にオーガニックコットンを使おうか?
 
 

オールオーガニックコットンのベビー布団も考えました。
でも、敷布団の沈み込みと、掛布団の重さが気になりました。
それから、オーガニックコットンというコンセプトありきになってしまう。

 
違う、違う。

 
最優先は赤ちゃんにとっての寝心地。心地よく眠れるベビー布団なのだから、

 
 
「オールオーガニックのベビー布団!どうですか?いいでしょう!」
って、これは押し付けみたいだなあって、思ってしまったのです。

 
だから、オールじゃなくて適材適所で使わせて頂こうと考えました。
布団カバーです。赤ちゃんの肌に直接あたる部分だからです。
 
 

コンセプト云々よりも、先ず、柔らかさと丈夫さ、見た目のシンプルさも。
これが決めてでした。

 
 
だから、当初はフェアトレードのことなんて考えたなかったのです。
販売する私たちよりも、買ってくれるお客様の方が意識が高かったんだと思います。
倍ほどしますからね。値段が。
 
 

綿花の生産国は、発展途上国が多いのです。
生産者は綿花を作るのですが、生活は向上しません。
それは、農薬が高いからなのです。借金しないといけない程。
 
 

でもあるとき、高い農薬を買わなくても、有機栽培で綿花が作れる!
ってアメリカの昆虫学者が説いて回ったらしいのです。
 
 

そうしたら、生活は向上するし、農薬(枯葉剤も)を使わないので体も健康になるしで、
いいこと尽くし。栽培の管理は大変らしいのですが。
それを買い叩いたり、不当な労働をさせたりしないことが、フェアトレードです。
 
 
 

そんなオーガニックコットンを販売させて頂く私達。
そして、買って頂くお客様。赤ちゃん。
それから生産者。
皆にとっていい!
 
 

これってちょっと素敵な図式になってると思いませんか?

幸せの御裾分け!ですね。