ベビー布団専門店 「蒸れないこと」がテーマのベビー布団。あかちゃんにとって心地良い睡眠環境を最優先に考えたベビー布団
骨格形成が行われる時期なので硬い敷布団が必要。 または、窒息を防ぐためにフカフカの敷布団は使わない方が良い。もうひとつ。 フカフカの敷布団だと、体が沈み込んでしまい、 寝具と体の接触面積が広くなり、体温があがってしまうことを懸念しています。


ベビー布団専門店よくねる送料

ベビー布団専門店よくねる よくあるお問い合わせ

ホーム赤ちゃんの敷布団(ベビー敷布団・マットレス)が硬い理由。

赤ちゃんの敷布団(ベビー敷布団・マットレス)が硬い理由。

骨格形成が行われる時期なので硬い敷布団が必要。
または、窒息を防ぐためにフカフカの敷布団は使わない方が良い。

多くの方がこの2つのことを信じて、
ベビー布団選びをされていると思います。

当店では、もうひとつ。

フカフカの敷布団だと、体が沈み込んでしまい、
寝具と体の接触面積が広くなり、体温があがってしまうことを懸念しています。

赤ちゃんは、放熱の技術が未熟です。
体の中に熱がこもってしまうため、
寝具には、特に敷寝具には通気性などの除湿が必要です。

敷布団・マットレスは、赤ちゃんが最も長く過ごす場所です。

ベビー布団の中でも最も大事なものとして考えています。

 


ハニカム立体構造のベビー敷布団

ハニカム立体構造のベビー敷布団

 

表面の立体構造繊維が、体と敷布団の間に隙間を作り、
常に空気が流れるため蒸れを防ぎます。

また、全開ファスナー式にしているので、
中芯を取り出して外側部分を洗濯機で洗えるので清潔に保てます。

 

多層式吸水ベビー敷布団

多層式吸水ベビー敷布団


通常の綿や固綿・ウレタンなどと違い、
繊維を細かく砕いたものを圧縮した綿を、
地層のように重ねたものを使っているので、
通気性が高い素材です。

また、丸洗い(シャワーなどで)も可能です。